新型コロナウイルス感染症に罹患した場合には、入院一時金は支払われますか?

※2022年4月7日以降に医療機関への入院またはみなし入院(自宅や宿泊施設等での療養)が開始された場合は保障内容が一部異なります。詳細につきましてはこちらをご確認ください。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、入院一時金の支払対象となる「疾病」に該当します。医師の指示で医療機関に1泊2日以上入院された場合も、支払い対象となります。

また、新型コロナウイルス感染症に罹患し、医療機関の事情により、入院が必要にもかかわらず、臨時施設(病院と同等とみなせる施設)または宿泊施設や自宅で療養し、医師の治療を受けている場合等も、医師の証明書等をご提出いただくことで入院一時金の支払対象となります。

なお、今後の感染状況に従い、法令等による入院の勧告・措置の対象となる方が変更となった場合等には、お取扱いが変更となる場合がございます。