P2P保険とは

p2p保険とはpeer-to-peer保険の略で、いわゆるシェアリングエコノミーを保険に適用したものと考えられます。

一般に、p2p保険では、同じリスクを共有する集団で、リスクを分け合い、保険料の拠出を行います。

保険事故が発生し保険金請求が行われた際には、この保険料を拠出するプールから保険金が支払われます。

保険料を前払いしている場合で、保険金請求が少なかった時には、キャッシュバックがあります。

「わりかん保険」のように保険料を後払いする場合には、保険金請求が少なかった時には、後から払う保険料が少なくなります。